東へ西へ・旅行の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(4)武家と足軽

 6時起床。身支度してコーヒー。
 ホテルの周りを散歩する。

2012_1125_073412.jpg
 北側の並びにあった粋な商店街。本通りから小路を入ると4.5店が共同の広場になっていました。いいセンスですね。

 昨日からホテルの近くに「松屋」があるのを、目をつけていたのですが、あちこち探索するよりも、結局ここで朝食としました。

2012_1125_075837.jpg
 ソーセージエッグと牛皿。

2012_1125_075847.jpg
 鮭とトーフ。(漬物を外してます)

 ソーセージエッグのセットは390円、鮭のセットが440円。しっかりと美味しいのです。
 感動の満足でした。
 店員はキビキビとそつなく、立派です。
 時給は低いのでしょうが、店員にも感心しました。

 いったんホテルに戻ってから、9時ころ出発。
 今日は長町武家屋敷、近江町市場、県立博物館などの予定です。

 まずは周遊バスにちょっと乗り、一日券を買いました。バス停一つで降りて、長町武家屋敷街に向います。
 途中歩道の凸凹で妻が転倒し、手足に擦り傷と打撲。途中にあった「百均」で絆創膏を買い、あとで貼りシップを買いました。

 まずは長町武家屋敷の野村家です。
2012_1125_092427.jpg
 入り口から。
 野村家は、加賀百万石の基礎を築いた藩祖・前田利家の金沢城入りに直臣として従っていた旧家。禄高千数百国の重臣。

2012_1125_092852.jpg
 池の鯉。 

2012_1125_093224.jpg
 大広間。写真は二間ですが、実際は私の背中にも部屋があり、三間の通し広間です。

2012_1125_093343.jpg
 書院造りの床の間。

2012_1125_093418.jpg
 仏壇と仏画の掛け軸。

2012_1125_093726.jpg
 中庭横の廊下を渡ると展示室。 

2012_1125_093809.jpg
 江戸時代の通貨。奥で見えませんが小判が置いてあります。
 基本は文銭250文で1朱、4朱で1分、4分で1両小判(およそ10万円)と言われていますが、時代によって補助貨幣が混在します。

2012_1125_094330.jpg
 庭園。ここも雪吊りが見事です。

2012_1125_094411.jpg

 屋敷町の通りの北の端に足軽資料館があります。
2012_1125_100120.jpg
 足軽高西家と足軽組頭清水家が移築復元されています。

2012_1125_100420.jpg
 高西家の中。
 1994年まで住居として使われていた。
 防寒とか改良などしたのをすべて外して再現したらしい。 

2012_1125_100609.jpg
 玄関から。奥の向こうは庭。一応庭付き戸建なのです。

2012_1125_100636.jpg
 外からの外観です。

 建物は高西、清水両家共に、具体的には木造平屋建て(軸組)で石置き板葺の平入り切妻造ということになります。
 一般には足軽は長屋住まいだったようです。
 小さいながらも庭付き一戸建ての屋敷に住んでいた加賀藩の足軽は恵まれていたようです。

 足軽屋敷は次のページにも続きます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://aland9.blog133.fc2.com/tb.php/117-c0706fb9

 | HOME | 

 

プロフィール

トラベラー

Author:トラベラー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

目 次 (1)
トルコ2014 (22)
沖縄2014 (8)
秋の九州2013 (10)
中央ヨーロッパ2013 (11)
晩秋の金沢2012 (6)
神戸、姫路2012 (7)
6月のスペイン2012 (15)
冬のイタリア2011 (13)
6月のヨーロッパ2010 (10)
秋の伊勢2009 (2)
6月の台湾2009 (3)
夏の函館2005 (2)
シンガポール2004 (4)
冬の長崎とハウステンボス2003 (5)
秋田他2003 (2)
冬の沖縄2002 (4)
秋の広島・宮島2002 (4)
5月の中国、江南と上海2002 (5)
夏の神戸、京都2001 (4)
その他 (11)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。