東へ西へ・旅行の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(3)プラハ城内

 妻は4時半、私は5時に起床。昨日の猛暑に続いて今日も暑いとの予報です。
 直肌にシャツの腕まくりでポケットベストとし、上着、帽子はショルダーバッグと共に手持ちでバスの車内置きとします。靴は持参の黒い運動靴に履き替えました。
 (黒い運動靴は一見目立たないので重宝です。) 

2013_0621_134402.jpg
 散歩に出ました。左はホテル前の地下鉄駅。
 ショッピングモールはまだ開いてなかったのですが、外から入る酒屋がちょうど開いたので小ワイン、ツナ缶などを買いました。

 7時前に朝食。 
2013_0621_140707.jpg
 朝食(私)。目玉焼きと重なってますがチーズ4種.ソーセージ3種他です。いっぱい食べました。

2013_0621_140713.jpg
 朝食(妻)。妻は和食派なのでハム・ソーセージやチーズはあまり好みではありません。このあとも果物野菜などなども少々。

 8時半に出発。今日はプラハ市内とクトナーホラです。

2013_0621_161925.jpg
 プラハ城中庭。

2013_0621_162447.jpg
 こちらがプラハ城の正門。
 プラハ城の基礎は9世紀末の聖マリア教会らしい。12世紀に宮殿として建設され、14世紀に城塞化された。
 15世紀始めの宗教改革はフス戦争となり、城は十数年間空位となる。
 17世紀は30年戦争によりスウェーデン軍に破壊略奪される。

 最後はボヘミア女王でもあったマリア・テレジアによって修復再建された。
 第一次大戦後の1918年共和国制によって大統領府となる。
 ナチス・ドイツの占領中、城はチェコを支配する親衛隊ラインハルト・ハイドリヒの本部となった。
 解放後は社会主義政府、現在は大統領府。

2013_0621_162709.jpg
 正面。

2013_0621_163145.jpg
 城内にある聖ヴィート大聖堂の正面。
 
2013_0621_163348.jpg
 内部。

2013_0621_163357.jpg

2013_0621_163747.jpg

2013_0621_164100.jpg
 プラハ城とカレル橋。

2013_0621_164615.jpg

2013_0621_164802.jpg

2013_0621_165303.jpg
 聖ヴィート大聖堂の南面。

2013_0621_170140.jpg
 聖ヴァーツラフ王冠。14世紀から使われていた。
 現在は戴冠式はないが、チェコ共和国大統領が王冠、王笏、王のりんごなどの展示権を持つ。
 22カラットの金、96個の宝石と20個の天然真珠、19×19cmで2.36kg
 写真は一応レプリカです。

2013_0621_170642.jpg
 これも場内にある10世紀前半に建設された聖イジー教会の内部。
 騎士団の教会だったといわれている、質素で清明な感じ。

2013_0621_170850.jpg

2013_0621_170910.jpg
 下の窓から遺骨が見えています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://aland9.blog133.fc2.com/tb.php/123-55a55678

 | HOME | 

 

プロフィール

トラベラー

Author:トラベラー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

目 次 (1)
トルコ2014 (22)
沖縄2014 (8)
秋の九州2013 (10)
中央ヨーロッパ2013 (11)
晩秋の金沢2012 (6)
神戸、姫路2012 (7)
6月のスペイン2012 (15)
冬のイタリア2011 (13)
6月のヨーロッパ2010 (10)
秋の伊勢2009 (2)
6月の台湾2009 (3)
夏の函館2005 (2)
シンガポール2004 (4)
冬の長崎とハウステンボス2003 (5)
秋田他2003 (2)
冬の沖縄2002 (4)
秋の広島・宮島2002 (4)
5月の中国、江南と上海2002 (5)
夏の神戸、京都2001 (4)
その他 (11)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。