東へ西へ・旅行の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(1)イタリアへ

 冬のイタリアへ行きました。
 イタリアは始めてです。
 格安ツアーではありますが、添乗員が同行するので安心です。
 韓国・仁川経由でミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ポンペイ、ナポリ、ローマの7日間です。
 古代ローマ帝国時代とルネサンス期、そして現代イタリアと言ったところでした。

 パスポートの有効期限が入国時に残80日以上が条件です。これは条約上で無条件な滞在が80日まで可能なための事務的な運用なのですが、しょうがありません。更新しました。高いですね。
 2011年の12月、妻と二人で出発しました。

 イタリア地図
 こう見ると、イタリアは半島ですが細長くシチリアとサルジニアの二つの島も抱えていて、意外と日本に似た海の国でもあることが解ります。

 我々のツアーは十数人の少世帯です。
 昨年の旅行で余ったユーロが3万円あるので、あと3万をユーロに両替する。レートは110円。
 燃油サーチャージが一人5万円。これが大きいです。

 一日目は先ず午前の便で、日本から韓国の仁川空港(ソウル)に向かいます。
 手荷物検査でやはり身体の方が引っかかる。腕時計、ベルト、係員が「ポケットで良いですよ」と言った10円玉まで引っかる。やっとパスして、搭乗口へ
 仁川まで3時間余りの飛行です。

 離陸して1時間くらいで機内食。
2011_1202_094722.jpg

2011_1202_094738.jpg
 妻はビーフライス、私はエビパスタ。それとビール。

 仁川空港。
 手荷物検査の入り口にいたら、日本で言えば公家のような仮装をした青年達が来た。
2011_1202_122834.jpg

 韓国出国の審査官は如何にも面倒くさそうに無言でパスポートを扱う、横柄な若者。
 手荷物検査はベルトまで外したので身体はOKだったが、バッグの中の鍵束を見せると言うのだが、「きい」の一言のみでは意味が為さない、これまた馬鹿で横柄な若者。だいたい自宅の鍵束持ってるのは当然だ。持ち物など身につけてから、「くそったれめ」と言ってカゴを放ってあげました。

2011_1202_125354.jpg
 手荷物検査場を出ると、仁川空港の百店近い巨大な免税店街。今回は時間がなく素通り。

 13時半、仁川空港を離陸してミラノに向かう。
 これから、12時間余りの飛行です。 
 一時間ほどで機内食。
2011_1202_150209.jpg
 鶏のカレーライス。ワインとビール。

2011_1202_173830.jpg
 座席に付いているテレビで現在の位置シミュレーション。シベリアのバイカル湖の西方を飛行中。 
 機内は暗くされて、居眠りをする。
 途中で、なぜか丸パン、お握りと水が配られる。一応もらった。

 離陸後7時間くらいで2度目の機内食。
2011_1202_212012.jpg

2011_1202_212031.jpg
 ポークポテト、エビスパゲティ。
 また居眠りする。
 食べて、飲んで、居眠りしていれば、機中の禁煙もどおってことはありません。

2011_1203_002432.jpg
 ロシア、ウクライナ付近。
 ヨーロッパが近づいて来ました。

 17時半にミラノ空港着。外に出るともう暗闇で、霧が出ている。
 バスに乗ってホテルに向かう。バス車内で水を買う。500のペットボトルが1ユーロ。あとからどこの店でも同じ。
 昨年も同じ価格だった。
 夜7時ころホテル着。日本時間では翌日の未明になる。 

2011_1203_020850.jpg
 ホテルのフロントカウンター。
 ロビーや廊下など、現代芸術風のデザイン。
 下は室内。テーブルがよつ葉に似た形。
2011_1203_030955.jpg
 
 部屋の温度設定が21度になっていて、2.3度上げるのだが10分位経つと自動でまた21度に戻ってしまう。涼しいままだった。
 時差8時間なので、24時間起きている勘定になる。持参したミニカップとお握り、スープなどで軽く食べ、早めに寝る。

 ヨーロッパは概ね部屋に湯沸しポットは置いてないの、でミニ・ヒーターが役に立つ。
ミニヒータ
 持参した「ミニヒーター」3000円くらい。

 9時ころ寝る。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://aland9.blog133.fc2.com/tb.php/23-7d88a643

 | HOME | 

 

プロフィール

トラベラー

Author:トラベラー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

目 次 (1)
トルコ2014 (22)
沖縄2014 (8)
秋の九州2013 (10)
中央ヨーロッパ2013 (11)
晩秋の金沢2012 (6)
神戸、姫路2012 (7)
6月のスペイン2012 (15)
冬のイタリア2011 (13)
6月のヨーロッパ2010 (10)
秋の伊勢2009 (2)
6月の台湾2009 (3)
夏の函館2005 (2)
シンガポール2004 (4)
冬の長崎とハウステンボス2003 (5)
秋田他2003 (2)
冬の沖縄2002 (4)
秋の広島・宮島2002 (4)
5月の中国、江南と上海2002 (5)
夏の神戸、京都2001 (4)
その他 (11)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。