東へ西へ・旅行の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(5)ヴェネツィアからフィレンツェへ

 歴史博物館を見学の後、再集合して昼食となる。
 昼食はアコーディオンの歌演奏付き。

2011_1204_203128.jpg
 イカ墨スパゲティ。これが結構な美味しさ。

2011_1204_204537.jpg
 ヒラメのムニエル。これまた、なかなかの美味しさ。ただ、淡白な好みの人には少々あぶらっぽいかも知れない。

2011_1204_205858.jpg
 デザートは普通のプリンでした。そして演奏者にチップ。

 1時半、さらに多くの観光客が上陸して来る中を、私たちはヴェネツィアを離れる。

2011_1204_213146.jpg
 写真は我々のではない、別な大きな観光船。

 2時にフィレンツェへ向けて出発する。3時間半の予定。

2011_1204_215734.jpg
 疾走するユーロスター。

2011_1204_223708.jpg
 平坦で広大なロンバルディア。平原というより、巨大な沖積平野だ。相変わらずの霧がかかっている。

2011_1204_235415.jpg
 自動車道路ボローニア付近の休憩所。給油所と軽い飲食コーナー(これもbarと言う)とスーパーが併設されている。
 フィレンツェへの途中はイタリア半島の中央山地を通り抜ける。トンネルが2.3個所ある。自動車道路もこの山地だけは日本のように緩いカーブや上り下りがある。

 途中、バスの前方からイタリア語でずうっと途切れなく話し声が聞こえるので、ラジオでも鳴っていて教育講義かと思っていたのだが、ミラーで見るとでレオン運転手の口が動いているではないか。
 一時間も添乗員相手に話し続けているのだ。イタリア人は男も話好きだというが。
 これは少し危ないのでは?
 ちなみに、イタリア人の話好きは確かに有名で、会社などの会議では2.3人が同時に話していることが普通で、あまり人の話は聞いてないらしい。会議の結論は議長役が適宜に「集約」して終わる。と言う話を読んだことがある。

 5時にフィレンツェ到着。ホテルについてから再集合して、近くの別なホテルで6時に夕食。
 イタリア人は一般に朝食は軽く、昼食が重く、夕食は8時くらいにいっぱい食べる習慣で、ツアーなどの行程で5時6時の夕食だと応じられない場合があると言う。

2011_1205_022304.jpg
 太くて平たいスパゲティ。

2011_1205_024026.jpg
 フィレンツェ風ステーキ。骨付きでスペアリブみたいなもの。歯の不良な私はまったく歯が立たず。ビールとワイン。

2011_1205_030319.jpg
 ソフトクリームなのですが、粉チョコのふりかけ方なんぞこだわらないのでしょうかね。それとビール、ワイン。

 7時過ぎにホテルに戻る。南下したせいか、部屋は寒くない。
 9時ころに寝る。 
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://aland9.blog133.fc2.com/tb.php/32-e896d0a7

 | HOME | 

 

プロフィール

トラベラー

Author:トラベラー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

目 次 (1)
トルコ2014 (22)
沖縄2014 (8)
秋の九州2013 (10)
中央ヨーロッパ2013 (11)
晩秋の金沢2012 (6)
神戸、姫路2012 (7)
6月のスペイン2012 (15)
冬のイタリア2011 (13)
6月のヨーロッパ2010 (10)
秋の伊勢2009 (2)
6月の台湾2009 (3)
夏の函館2005 (2)
シンガポール2004 (4)
冬の長崎とハウステンボス2003 (5)
秋田他2003 (2)
冬の沖縄2002 (4)
秋の広島・宮島2002 (4)
5月の中国、江南と上海2002 (5)
夏の神戸、京都2001 (4)
その他 (11)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。