東へ西へ・旅行の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄(4)

 三日目の朝。昨夜二人で検討して行程を早め5時半起床。6時半朝食。
 7時過ぎに出発。

2002_1222_072909AA 2
 朝焼けの東シナ海。

2002_1222_080149AA.jpg
 米軍普天間基地。有用な平地はほぼすべて米軍基地に取られている。

2002_1222_084151AA.jpg
 読谷村、残波岬。風が強い。

2002_1222_091226AA.jpg
 途中で見かけた住宅。

2002_1222_091446AA.jpg
 沖縄の住宅は殆んどコンクリート。工法が少し本州と違う面があり、コストが安いと言う。

2002_1222_092603AA.jpg
 恩納村万座毛。天気が良くなってきた!

2002_1222_092627AA.jpg
 万座ビーチ。

2002_1222_092635AA.jpg
 海が青い。

2002_1222_092718AA.jpg
 砂浜と波。向こう岸に見えるのは墓地。かなり異なる建て方とわかる。慶弔には墓前に門中(かなり遠戚まで)一同が集まり宴会をすると言う。
2002_1222_0930.jpg

2002_1222_103051AA.jpg
 ビオスの丘の湖水遊覧船。湖水の周りに熱帯植物を植えた鑑賞湖である。
 ここでカメラの電池が無くなった。

 読谷村共販センターに寄る。お土産に焼き物を買う。
 那覇に戻り、ガソリンを給油し、1時にレンタカーを返す。
 2時に空港で中華とビールで昼食。
 3時の那覇空港発で帰路に着きました。

 レンタカーは一応正解でしたが、朝夕の渋滞はひどいので朝早く出て、早めに戻るなどの工夫が必要でした。
 那覇は都心部以外は地形が険しく狭い坂道でした。
 平坦な一等地はすべて米軍基地で、広大な敷地に芝生付きの戸建住宅、グラウンド、学校、病院、シアターなどまで完備しています。基地内は天国です。あまりにも格差がありすぎます。

 沖縄戦で5人に一人が亡くなり、多くの人が障害を負った沖縄。
 本土復帰しても、この米軍基地問題は何も解決されていないことを見せつけられました。

 沖縄のライブカメラ
* 沖縄タイムス社屋から
* 琉球新報社屋から
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://aland9.blog133.fc2.com/tb.php/75-36dc426b

 | HOME | 

 

プロフィール

トラベラー

Author:トラベラー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

目 次 (1)
トルコ2014 (22)
沖縄2014 (8)
秋の九州2013 (10)
中央ヨーロッパ2013 (11)
晩秋の金沢2012 (6)
神戸、姫路2012 (7)
6月のスペイン2012 (15)
冬のイタリア2011 (13)
6月のヨーロッパ2010 (10)
秋の伊勢2009 (2)
6月の台湾2009 (3)
夏の函館2005 (2)
シンガポール2004 (4)
冬の長崎とハウステンボス2003 (5)
秋田他2003 (2)
冬の沖縄2002 (4)
秋の広島・宮島2002 (4)
5月の中国、江南と上海2002 (5)
夏の神戸、京都2001 (4)
その他 (11)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。