FC2ブログ

東へ西へ・旅行の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(3)コンスエグラ、コルドバ

 三日目の朝は5時に起きる。6時半に散歩に出る。朝は涼しいので上着姿。
 7時に朝食です。

2012_0613_140218.jpg
 スクランブルエッグとハム、チーズで食べてから、思い出して写真を撮ったもの。食べ散らしですみません。

 7時50分出発
 コンスエグラへ向かう。快晴で空が真っ青
2012_0613_163518.jpg
 丘に11基の風車と古城。日差しが強烈。

2012_0613_164500.jpg
 丘の上から。平坦な農地にだらかな丘。街と畑。
 カスティリャ・ラ・マンチャのラ・マンチャとは「乾いた土地」の意味だそうな。

2012_0613_172513.jpg
 プエルト・ラピセの観光村売店。立っているのはドン・キホーテ氏。

 作者のミゲル・デ・セルバンテスは1547年マドリッド生まれ。シェークスピアの同時代人だが、波乱の生涯の人。
 父は外科医だったため改宗ユダヤの説もある。家業が不調で各地を転居したためあまり教育を受けなかったらしい。
 当時スペイン領のナポリで海軍に入隊し、レパントの海戦で左腕負傷。4年後本国帰還の途中イスラム海賊の捕虜となりアルジェに5年間、4回脱走を企てるがみな失敗する。キリスト慈善団体の身代金支払いで帰国する。
 父が亡くなり家庭が窮乏したため、無敵艦隊の食料調達員となって各地で食料を徴発するが、教会から強引に挑発したために投獄。翌年無敵艦隊が英軍に壊滅されたので失業。
 徴税人となるが徴収した税金を預けた銀行が倒産し、30倍の追徴金が自分の負債となる。むろん払えずにまた投獄される。
 「ドン・キホーテ」の作品は牢獄の中で構想したと言う。
 出所後1605年に出版。大評判となり、その年のうちに6版までが出る。 
 やっとつかんだ幸運と成功だが、版権を安く売ってしまったため、相変わらず貧乏だった。
 しかし、この成功によってその後も創作、評論などを出版し、生活は良くなったらしい。
 1616年69歳で亡くなった。

 1時にバイレンで昼食。
 サラダ、フラメンキン、りんご、ビール。
 フラメンキンとはハム、チーズの牛肉巻き(直径3、4cmくらい)を揚げたものなのだが、私はあまり美味いとは思えなかった。
 
 シエラ・モレナを通りアンダルシアに入る、まさしく、ぶどうとオリーブの国だ。
 
 3時半ころコルドバのローマ橋に到着。
2012_0613_221151.jpg
 グアダルキビル川にかかるローマ橋をメスキータに向かう。

2012_0613_221203.jpg
 橋からのメスキータ。

 ローマ帝国は現在のアンダルシアに概ね重なる地方をヒスパニア・パエニカとしていたが、コルドバはその州都であった。
 5世紀に西ローマの滅亡後は西ゴート族の支配の後に、8世紀初めイスラムの支配となる。
 西ローマ滅亡後のイベリア半島は当時の蛮族であるヴァンダル族、次いで西ゴート族による征服と略奪にさらされる混乱が200年ほど続いたことになる。
 イスラム軍がわずか50日でイベリア半島を征服できたのは、キリスト教徒になったとはいえ蛮族の支配と収奪に疲弊した民衆が迎え入れたためと考える。

 イスラム朝はコルドバを首都と定め、カトリックのビセンテ教会を買取り、直ちにモスクを建設した。
 モスクは逐次増築されて、メッカに次ぐ巨大なモスクとなる。
 13世紀カスティリャがコルドバを征服し、カトリック教会に接収された。その後16世紀に中心部に身廊が増築されたものである。
 
2012_0613_221315.jpg
 橋のマリア像。

2012_0613_222745.jpg
 元はミナレットであった鐘楼。

2012_0613_223534.jpg
 メスキータ内部。

2012_0613_224251.jpg
 メッカの方角を指すミフラーブ前のドームの天蓋。

2012_0613_225302.jpg
 この装飾は17世紀スペインが新大陸からの金銀で溢れた頃のもの。もちろん金である。

2012_0613_225535.jpg
 「円柱の森!」

 メスキータを出たところでしばしバス待ちタイムの自由行動。
 強烈な陽射しで日なたには居られない。30度くらいだが、陽の当たるところは40度位ありそうだ。日陰にいるか店にいるか。久しぶりにコーラを飲んだ。

2012_0613_232139.jpg
 迷路のように作られた旧ユダヤ人街。

2012_0613_235220.jpg
 スペイン生ハムの店。削いで目方売りをしていた。

 セビーリャに向かう。
 途中でひまわり畑を見るが、小さく見劣りのするひまわりでした。こちらではひまわり油採取に特化しているのでそのせいかも知れません。

 7時半セビーリャのアルコラ・ホテルに着く。

2012_0614_023010.jpg
 ホテルの吹き抜けロビー。

 部屋のクーラーの操作が不明で、近くの廊下に掃除の中年男性がいたので指さし身振り手振りで聞いたら、判明した。
 暑いマークが暖房、寒そうなマークが冷房ではなく、やはりその反対。暑い時はそのマークで冷房、寒い時は寒いマークで暖房と言う仕掛け。ついでにダイヤルを思い切り15度くらいまで回しておくと良いそうである。

 英語もスペイン語もまったく使えずとも、身振り手振りと表情でしっかりコミュニケーションできるものですね。

 8時にホテルで夕食。ビュッフェでサラダや果物、デザートお菓子も豊富でした。
 100mもないような近くにカルフールの大スーパーがあったので、夕食後行ってみる。あれこれ面白いが荷物になるし、海産物も素晴らしいのだが、ここで買うわけにもいかない。結局は水3本(500の1本40円くらい)だけ買いました。

 11時就寝。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://aland9.blog133.fc2.com/tb.php/87-822fa8a4

 | HOME | 

 

プロフィール

トラベラー

Author:トラベラー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

目 次 (1)
トルコ2014 (22)
沖縄2014 (8)
秋の九州2013 (10)
中央ヨーロッパ2013 (11)
晩秋の金沢2012 (6)
神戸、姫路2012 (7)
6月のスペイン2012 (15)
冬のイタリア2011 (13)
6月のヨーロッパ2010 (10)
秋の伊勢2009 (2)
6月の台湾2009 (3)
夏の函館2005 (2)
シンガポール2004 (4)
冬の長崎とハウステンボス2003 (5)
秋田他2003 (2)
冬の沖縄2002 (4)
秋の広島・宮島2002 (4)
5月の中国、江南と上海2002 (5)
夏の神戸、京都2001 (4)
その他 (11)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。