東へ西へ・旅行の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(8)タラゴナ、バルセロナ

 6日目です。6時に起きて7時に散歩。

2012_0616_142449.jpg
 7時半。ホテル前の歩道橋から見た大通り。ホテルはこの写真の左外。

 8時に朝食。
 9時に出発し、タラゴナへ向かいます。

 12時半にタラゴナ到着。

2012_0616_193507.jpg
 ローマ時代の発掘遺跡。属州長官の公邸で発掘作業が続いている。
 タラゴナは紀元前2世紀のカルタゴ滅亡によってローマ領となり、タラコネンシス属州の州都となり発展した。
 8世紀のイスラム占領までは、カタルーニャ地方の中心都市であった。
 以後はバルセロナが発展する。

2012_0616_193913.jpg
 円形競技場と海岸。

2012_0616_194514.jpg
 私たちは乗らないが、蒸気機関車型の遊覧バス。
 
 遺跡の発掘現場に沿って10分ほど歩いてレストランに向かう。
 1時昼食。
2012_0616_200647.jpg
 レストランの地下。壁はローマ時代の石積み。保存のために壁に依存しない柱で天井を支えている。

2012_0616_195720.jpg
 パプリカ、玉葱などのオリーブ塗りのパン。

2012_0616_203257.jpg
 カタルーニャ風魚介のグリル。たこも柔らかく、大変美味でした。ビールに合います。

2012_0616_210909.jpg
 レストランはレ・ボルテス。写真の右隅に見える柵はこれも遺跡の発掘現場。

 自由行動でカテドラルに向かう。
2012_0616_211620.jpg
 途中で遭遇した新郎新婦。

2012_0616_212146.jpg
 カテドラル(タラゴナ大聖堂)。今日も快晴で34度。

2012_0616_222312.jpg
 紀元前2世紀、タラゴナを州都として建設すると共に作られた、ラスファレス水道橋。217m

2012_0616_222601.jpg
 水路を歩いてわたれる、よく精密な緩勾配で設計したものである。

 4時からバルセロナへ向かう。

 5時半バルセロナのNHヌマンシアに到着。

 6時半フラメンコ・ディナーショウ。
2012_0617_014413.jpg

2012_0617_015652.jpg
 サラダ、チキン、カタルーニャ風プリン、赤ワインのサングリア(炭酸、果汁などが入っている)

2012_0617_021741.jpg
 フラッシュは禁止。やはり写真はほぼ無理でした。

 8時半にホテル帰着でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://aland9.blog133.fc2.com/tb.php/92-b65a0abc

 | HOME | 

 

プロフィール

トラベラー

Author:トラベラー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

目 次 (1)
トルコ2014 (22)
沖縄2014 (8)
秋の九州2013 (10)
中央ヨーロッパ2013 (11)
晩秋の金沢2012 (6)
神戸、姫路2012 (7)
6月のスペイン2012 (15)
冬のイタリア2011 (13)
6月のヨーロッパ2010 (10)
秋の伊勢2009 (2)
6月の台湾2009 (3)
夏の函館2005 (2)
シンガポール2004 (4)
冬の長崎とハウステンボス2003 (5)
秋田他2003 (2)
冬の沖縄2002 (4)
秋の広島・宮島2002 (4)
5月の中国、江南と上海2002 (5)
夏の神戸、京都2001 (4)
その他 (11)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。